技術情報 TECHNOLOGY

濾過のお悩みQ&A

Q.品種替え毎に濾布を洗浄して使用しているが洗浄に手間や時間がかかっている。
A.濾過条件に合わせて、毎回交換可能な濾紙をご提案させていただきます。
Q.濾過時の騒音(遠心分離機など)を改善したい。
A.比較的騒音の少ないフィルタープレス式濾過や他の濾過方法をご提案させていただきます。
Q.カートリッジフィルタを使用しているが、もう少し濾過流量を出したい。
A.ご要望に応じて、ハイフロータイプのカートリッジフィルタや液体濾過用バッグフィルタをご提案させていただきます。
>>バグフィルター
>>カートリッジ(ハイフロー)
Q.濾布の濾過精度を高めたい。
A.不織布タイプの濾紙をご提案させていただきます。
>>MTRや湿式不織布
Q.高粘性液体における固液分離を効率良くしたい。
A.濾過抵抗が低く、目が細かい濾紙「THシリーズ」をご提案させていただきます。
>>濾紙(THシリーズ)
>>カートリッジ(プリーツ、金属)
>>バグフィルター
Q.濾過機や濾材選定のために、小規模での濾過試験を実施したい。
A.(濾過器、濾材(フィルター)選定の為、スモールスケールで濾過試験を行いたい。)
デモ機(一部製品)の貸出しをさせていただいております。また、実液の粒度分布測定やご推奨の濾紙による濾過試験報告もさせていただきます。
>>お問い合わせ先
Q.フィルタの交換に手間がかかるため、交換頻度を減らしたい。
A.濾過条件に合わせて、最適な濾材や構成をご提案させていただきます。
>>濾紙
>>カートリッジ(プリーツ)
>>バグフィルター
Q.吸水性、保水性、送液性の良い濾紙を探している。
A.ご使用条件に合わせ、最適な濾材をご提案させていただきます。
>>吸水蒸発紙
Q.溶液が酸性やアルカリ性、および各種溶剤であるために高価な濾材(PTFE膜等)を使用しているがコストダウンしたい。
A.濾過条件に合わせて最新のアクリルパルプ濾紙(ABXシリーズ)等をご提案させていただきます。
>>濾紙(ABXシリーズ)
Q.食用油の脱色、脱臭をしたい。
A.活性炭や活性白土が入った濾紙をご提案させていただきます。
>>活性炭濾紙(CE500・C500)
Q.長年同一濾過機、濾材にて濾過をしているが、濾過時間の短縮や濾過品質向上などの工程改善をしたい。
A.濾過内容に合わせ、最新の濾材や濾過機などのご提案をさせていただきます。
Q.濾紙に残った濾過助剤(珪藻土等)の除去で、へらで取り除く際に一緒に濾紙がやぶれてしまう。
A.表面強度の強いLNシリーズを提案させていただきます。
Q.濾紙の耐薬品性が知りたい。強酸、強アルカリに耐えられる濾紙はありますか。
A.酸、アルカリに耐性がある、ポリアクリロニトリル製のABX濾紙を提案させていただきます。
Q.濾紙の耐熱温度を知りたい。どの程度の温度まで耐えられますか
A.一般濾紙は100℃以下でご使用願います。油こし用は使い捨てですが、180℃までご利用いただけます。200℃までですとポリアクリロニトリル製のABX濾紙を提案させていただきます。
Q.濾紙を洗浄して繰り返し使いたい。
A.一般的な濾紙は使い切りですが、条件によっては、表面強度の強いLNシリーズを提案させていただきます。
Q.貴金属や機能性微粒子などの分離/回収に適した濾紙は有りますか。
A.高精度で表面剥離性に優れたLN濾紙を提案させていただきます。
Q.高粘度液体(ポリマードープ液など1万CP以上)の濾過に適した濾紙はありますか。
A.高圧ろ過時の通液性に優れたTH濾紙を提案させていただきます。
Q.未溶解ポリマーやゲル状物質の分離、除去ができる濾紙はありませんか。
A.微細セルロース繊維を配合し、ゲル状物質の分離特性に優れたTH濾紙を提案させていただきます。
Q.濾紙の保管期限を教えてください。
A.直射日光を避け、低温で低湿度環境下で当社が推奨する保管条件において1年間保管できます。