HOME > 機能性濾紙
機能性濾紙
濾紙を漉くときに機能性材料を混ぜたり、各種薬品を散布することで様々な特性を持つ濾紙を作ることができます。また、単層のみならず、多層構造にすることも可能で、一枚で複数の機能を持たすことや、濾過性能に優れた濾紙を作ることができます。



多層紙
たとえば、濾紙を多層(連続密度勾配)構造とすることで、
濾過ライフを大幅に延長させることができます。


傾斜型抄紙機を使っての二層抄紙の製法
  1. 第一層スラリー流入
  2. 第一層スラリー脱水、紙層形成
  3. 第二層スラリー流入
  4. 第二層スラリー脱水、紙層形成



単層型フィルターと二層型フィルターの比較
単層型フィルターと二層型フィルターの比較


粉末混抄紙活性炭などの機能性粉体を混ぜて抄紙することにより、種々の特徴を持つ機能性濾紙を製造しております。さらに、多層紙の製法を利用することで、同時に複数の機能を持たすことも可能となっています。

 

粉体混抄紙製法概略
 

  1. 分散液の調製
    使用粉体の特性(粒子径や比重など)に応じて配合を決定し、水分散液を調製する。
  2. 凝集体の生成
    上記分散液に助剤を添加し、所定のサイズの凝集体を生成する。
  3. 粉体混抄紙の製作
    この凝集体を均一に分散させ、かつ高い歩留の粉体混抄紙を製作する。


粉体混抄紙の主な特徴
特徴
  • 粉末に比べ、シート状の為取扱が簡単
  • ハニカムやブリーツ体への成型が可能
  • 濾紙としての機能プラス複数の機能(脱臭、光触媒、抗菌、防かび、除湿など)を持たすことができます。


粉体混抄紙の主な特徴
使用できる主な粉体
水と反応せず、水不溶性の各種粉体。粒子サイズについては応相談。
使用実績:活性炭、ゼオライト、シリカゲル、珪藻土、酸化チタン、活性白土
主な適用製品
各種空気清浄機および車両用脱臭フィルタ(活性炭混抄紙)、食用油浄化フィルタ(活性炭+活性白土混抄紙)、吸水紙(シリカゲル混抄紙)など


薬品散布紙
シート形成時に各種水溶性薬品を散布することにより、はっ水性など特殊な性質を付与できます。特に、表面のみを処理したい場合に有効です。


ページトップヘ