HOME > ろ紙(濾紙)
濾紙
濾紙

濾紙は、濾材の中で最も安価で種類も多く、身近な家庭用品から
自動車・先端産業まで、あらゆる分野で使われています。

安積濾紙では、主にパルプを原料とした高性能濾紙を自社開発・自社生産の一貫体制で製造・販売しています。理化学実験や定性分析に使用される「定性濾紙」をはじめ家庭用から工業用まで幅広く使われる「一般濾紙」を高品質でおとどけし油こし紙(家庭用・業務用)、食品産業、外食産業、化学産業、自動車関連産業、家電産業等さまざまな産業分野で日本を代表する多数の企業様から純正品指定を受けています。

オーダーメイドの特殊仕様品開発にもすみやかに対応し、
あらゆる濾過ニーズにお応えいたします。

豊富な経験と、高度な測定・実験設備を保有し、開発からの自社一貫生産体制で、あらゆる濾過ニーズにお応えします。
濾過・分離に関する諸問題の解決は、私たちにお気軽にご相談ください。
経済発展著しい中国にも上海安積濾品有限公司(自社100%出資子会社)を有しており、中国進出企業様への供給も可能です。

 
濾紙の分類
  • 定性濾紙 :理化学実験や定性分析及び一般工業用としても使用されています。
  • 標準濾紙:標準的な濾紙で、一般工業用として幅広い用途に使用されています。
  • 湿潤強化タイプ:濾紙を特殊処理しているため、含水したときの強度が強いタイプです。
  • クレープタイプ:濾紙表面をクレープ(凸凹)加工したタイプです。
  • クラフトタイプ:漂白処理をしていない未晒し繊維を主に使用しています。淡褐色のタイプです。
※求められるニーズの多様化・個性化に対応するために、幅広い寸法、形状をご用意しております。又特殊仕様も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


濾紙の形状
濾紙の形状

濾紙性能表

ダウンロードはこちら

濾紙性能一覧表

選定でお困り、お悩みの場合はこちらから・・・ 濾紙選定ガイドはこちらから


測定方法  
厚さ [mm] 一定の荷重を加えた時の厚さを測定しています。(JIS P8118:1998  50kPaに準ずる
透気度 [sec] 一定の圧力下で空気300ml濾紙を通過する時間を測定しています。(測定部径は10mmφでJIS P8117に準ずる)
一般的に透気度の傾が大きければ、孔径は小さく濾過速度は遅い。
逆に値が小さければ、孔径は大きく濾過速度は速い傾向にあります。
濾水時間 [sec] ヘルツベルヒ濾過速度試験器を用い、10cm2の面積を水(100ml、20℃)が水柱100mm H2Oの圧力によって通過する時間を測定しており、透気度とほぼ正の相関があります。
破裂強度 [kPa] ゴム膜で濾紙に力を加え、破断した時の強度を測定しています。(JIS P8112に準ずる)
濾紙の強度は繊維の絡みと水素結合により強度を保っており、水に漬けると水素結合が破壊され強度は低下しますが、湿潤強化タイプの場合は、水に漬けても強度低下の度合いが少ない特徴を持っています。
濾過精度 [μm] 比較的一定の分布であるダスト(JIS Z8901 7種)を混合した液を一定条件で濾過を行った時に
濾過効率が90%の粒径であることを表しています。
但し、濾過精度の値は、一定の条件で濾過を行った時の値で、実際に使用される条件とは異なりますので、数値はあくまでも目安としてご覧ください。


濾紙の保管

濾紙は一般的に天然繊維を使用していますので、吸湿、ガスなどを吸着する特質を持っています。濾紙の保管は、吸着、吸湿しやすい雰囲気を避けて、できるだけ低温、低湿で光の当たらない場所を選んで保管してください。

注意事項
(1)濾紙は原則として使い捨てです。
(2)濾紙は吸湿する特性をもっていますので、吸湿状態によって硬さや手触りなどの感触が異なる場合があります。
(3)濾過寿命に達した場合は、濾紙を速やかに交換して頂くようにお願いいたします。

ページトップヘ